VISAデビットを使わないほうがいい理由とは

7月 20, 2020

即時引き落としだからこそ不正請求に弱いVISAデビット

口座から即時引き落としだから安全であるという声を耳にしますがこれは口座残高が0円に近い場合に限ります。残高以上の引き落としは出来ないためVISAデビットの使用が出来ないのだ。このように残高を0円に設定しておけば不正請求されることはまずないと考えていいだろう。

しかし残高が数万程度でもある状態で不正利用されれば即座に引き落とされしまうので即座に実害があるということになる。普通のクレジットカードと違ってVISAデビットは即時に(数字上で)現金が動くので銀行も不正利用に対して対応ができないのだ。(不正利用検知システムを使えない)

現金が動いてしまってからの銀行の対応というのはお世辞にも良いものではない。実際にVISAデビットで不正利用の被害に遭った男性の体験談があるので抜粋してまとめながら紹介しておきます。

なぜVISAデビットが不正利用に弱いのか体験談を見てみる。

嫌な予感を胸に抱えながら、口座にログインしたら、80,000円以上という金額が引き落とされていました。全く見に覚えがない請求でした・・・。デビットカードはクレジットカードと違って、使ったら速攻引き落とされるので、不正利用があったときには速攻で実害があります・・・。不正利用されて10分で気付いたのに止められませんでした・・・。

https://no-genkin.com/entry/debit-card-fusei-riyou/
  • 不正利用された額は84,000円
  • 利用したことを知らせるメールで不正利用に気づく
  • 不正利用されて10分後に銀行に連絡するが対応してもらえず解決しなかった
  • とりあえずカードをSTOPさせる
  • 警察に被害届を出すように言われるも警察では被害届を出せず
  • 不正利用されて5日後、ある日突然返金される

VISAデビットは即時引き落としで実害があるにも関わらず確定しないと銀行は一切対応が出来ないということ。有料アダルトで使用した場合でもレートの問題で確定が遅れる。ガソリンスタンドで使った場合も利用日と確定日でガソリン価格が違えば差額を引き落とされたり逆に差額が振り込まれたりする。

銀行に問い合わせたら被害届を出してくれと言われてそのとおりに交番に行って事情を説明するも被害届を出せるのは銀行であり本人が被害届は出せない。カードを盗難されたり紛失した場合に本人が盗難届けを出せるようだ。不正利用については警察と個人とでは何も機能しない。銀行側もVISAデビットの不正利用の対応に慣れていないのも問題だ。

この男性は「VISAデビットは不正利用に弱すぎる」とまとめる。

  • 三菱東京UFJ銀行という最大手の銀行ですらこの対応
  • VISAデビットカードはあくまでクレジットカードを持てない人向け

クレジットカードであれば不正利用されてもすぐに気付けば、その取引自体を停止することが出来ますが、デビットカードはすぐに気付いても口座からはお金が消えています。デビットカードの「すぐに支払える」という利便性の裏の「不正利用された際には弱い」という点を身を持って実感したので残しておきます・・・。

即時引き落としは便利で使いすぎないという魅力的な触れ込みが目立つ裏では不正利用に対する脆弱性が潜むというのは実際に体験しないとわからないことだったりします。

今回は運良く不正利用された金額がそのまま戻ってきたようだけど戻ってこないケースも有る。まとめサイトに掲載された不正請求の例を見ていきます。

VISAデビットカードで28万円の不正利用されました。

銀行口座作る時に勧められて別に使わんけどデビット付きキャッシュカードにしたんや
ところが先月身に覚えのない20万の引き落としがあってすぐ銀行に連絡したんやが、ワイのパスワードが正確に使われとった場合は補償できんと回答があったんや
警察行ったが、このケースで犯人捕まって返金されるケースはまずないと…
デビット勧める営業活動大変そうやからデビット機能付けたのにこの仕打ちは酷過ぎん?

http://toushichannel.net/archives/32446486.html
  • VISAデビットは使ったことがない
  • キャッシュカードにVISAデビット機能が付いている
  • オンラインゲームに課金されたいた
  • 設定された正確なパスワードが入力されていたので補償対象外
  • 銀行の電話対応は塩対応
  • 不正利用された金額が戻ってきたかは不明

VISAデビットの補償については普通のクレジットカードに比べると貧弱であるのは確かでしょう。信用で成り立っているクレジットカードに比べて信用の必要がないデビットカードではそもそもの仕組みが違ってくる。

この男性はVISAデビットを使ったことがない、フィッシングサイトや詐欺サイトでカード番号を抜かれたという心当たりもない。ということで恐らくこのケースではカード番号やパスを総当りでアタック(クレジットマスターという)されて不正利用されたんじゃないのかと推測します。世の中にはクレジットカード番号の法則性を悪用して有効なカード番号を割り出す人たちもいる。防衛策は利用明細を毎回チェックするしかない。そういった点でも即時に引き落とされてしまうVISAデビットはとても危険といえる。

パスワードの管理が補償されるされないの線引になることもある。

パスワードを推測されやすい「1111」や「1234」などにしている場合には補償対象外になったりします。他には誕生日などもアウトだし、車のナンバーや会社の電話番号などもアウト。忘れないようにカードに暗証番号を書いているケースでも補償されない。推測されやすいパスワードでも正式なパスワードとなるので、それを使用されて不正利用された時に補償までこぎつけるのにはハードルが高いと言える。

なのでもしパスワードを推測されやすい数字や家族の誕生日や電話番号の下4桁などは絶対に避けるべきだ。あとカードの裏面にサインがない場合も補償対象外であると約款に明記されていることが多い。

アダルトサイトではフィッシングサイトや詐欺サイトが多く注意が必要。

野良の無料動画サイトなどでの広告や騙しリンクなどで詐欺サイトに飛ばされたり、本物のサイトのように装ったフィッシングサイトなども多い。なので確実に正式で安全なサイトから入会する必要が出てくる。

本物の有料アダルトだと信じて入会したけど実は詐欺サイトだったということもある。クレジットカード番号を入力して個人情報を渡してしまってさらに動画をダウンロード出来ないという最悪な状況も考えられるのだ。

最近ではフィッシングサイトや詐欺サイトはブラウザが遮断してくれたりするようになってきた。その遮断が間に合わない流動的なフィッシングサイトがSNSで出回ったりもする。そうしたところからは絶対に入会してはいけない。

もちろん当サイト「有料アダルト比較ちゃん」では本当に管理人が入会と退会を行って安全性を確認しているので安心して入会して欲しい。

有料アダルトに限らずVISAデビットを使うなら残高やセキュリティ管理を徹底すべし

なんだかVISAデビットのネガティブキャンペーンになってしまっている気がしますけどVISAデビットは使い方次第ではとても便利。残高不足による信用に傷がつくこともないしネットショッピングでもVISAブランドというのは必要不可欠である。

フィッシングサイトや詐欺サイトに気をつけていても番号とパスワードの総当りで被害に遭う可能性があるということ。各銀行のVISAデビットのほとんどはWEBからログインしSMSを使った2段階認証のセキュリティを上げることが出来るし、VISAデビット機能を停止することが出来る。一番安全なのは残高は使う時にだけ入金しておき使用しないときは数百円程度にしておく。

クレジットカードなら不正検知システムで不正利用を即座に把握しカード所有者に連絡が来る。

フィッシングサイト、詐欺サイトを気をつけていてもカード番号総当りで割り出される被害を実際には避けることが出来ないというのが実情だ。ちなみにパソコンでカード番号を割り出して不正利用する行為をクレジットマスターという。

クレジットマスターとは、コンピューターを利用して、実際に使えるクレジットカード番号を見つけ出すプログラムのこと。クレジットカードの16桁の番号にはある規則性があるため、推測が可能なわけだ。
予防は限りなく難しい
そして、残念ながら2020年現在の今でもその根本的な対処法は存在しない。なにしろ、無作為にクレジットカード番号を作り出し、それらの番号が使えるかどうかを判断するというプログラムであるため、どの番号にあたるかは予知できず、あらかじめ防ぎようがないのが実態だからだ。

https://card.benrista.com/creditmaster-matome/

しかしクレジットカード会社も手をこまねいているばかりではない。不正検知システムでいち早く検知してカード保有者に電話連絡を行います。この不正検知システムがかなり優秀で正確な法則性によって運営されているようだ。後手対応ではあるもののその事実をカード所有者に確認して決済処理を取り消す。クレジットカードはご存知、引き落としは翌月の月末だったりと猶予がある。信用で成り立っているからこそ信用で補償するという定義が安心そのものなのではないでしょうか。

もし有料アダルトでVISAデビットを使用したいという場合は以下の点に気をつけるべし

  • 暗証番号は推測されないものにする。→パスワード自動作成サイト
  • 使用するとき以外は口座残高を限りなく0円に近くする。
  • 利用した時にメールで利用通知が届くようにする。
  • カード裏面に漢字で署名をしておく。

これらを徹底しておけば不正利用の被害に遭う確率を限りなく低く出来る。パスワードは自動作成サイトで作ってもらってそれを使用するといいかもしれません。忘れないように頭の中とは別のどこかにバックアップをする必要があります。私は家のデスクの中にある大学ノートの中にさりげなくメモしてあります。VISAデビットカードと別の場所に置いておくことで安全に保管できます。パソコンの中とかスマホの中とかに保管しがちですけどHDDが故障したりスマホは落として紛失してしまったりのリスクがあるのでオススメは出来ません。結局はアナログが最強ということなのでしょうか。