一本道がテレビ東京「アラサーちゃん無修正」に登場した。

テレビ東京と言ってもBSの深夜帯ですけど有料アダルトの「一本道」というサイト名が登場しましたね。2014年の放送なので今はやっていません。一本道というフレーズが出たのは温泉でのエッチなしりとりゲームの時。「エッチ」→「ちんぐり返し」→「思春期」→「キス」→「素股プレイ」→「いっぽんどう」という流れ。「一本道」のフレーズを出したのは佐藤仁美ですね。性格悪そうで生意気そうな女優だけど可愛い顔していてタイプですわ。チンコ握られて罵られてみたい。

脚本家が一本道のユーザーだったのか、それともキャストたちがガチでしりとりをした結果なのか。でも「一本道」なんて有料アダルトを女性が知っているというのも結構違和感があったようだね。有料アダルトを利用している男からすればまあ普通だけど女性たちの知名度としては絶対に低いと思うんです。イケメンの男優が多いとかボーイズラブがあるとかではないですから。

佐藤仁美(サバサバちゃん)が「いっぽんどう」と言った時に「えっ?サバサバちゃん、そういうの見るの?」「ネットね、ネットでね、うんうんうん、ネットで」とサバサバ答えているのには笑えました。有料アダルトが大好きな私としては一本道というフレーズがBSの深夜帯の番組だとしてもかなり喜ばしかった。

壇蜜とかAV女優のみひろが出ていたのでよく見ていた番組でした。下着姿とかセックス模写などのシーンがあって下着フェチの私は普通に勃起させられましたし。なによりみひろがめちゃくちゃ可愛かったね。

アンケート形式ではあるが女性の本音とかもわかるのでとても勉強になった深夜番組。

一本道は料金が高めだから当サイトでは二流認定。配信している動画はカリビアンコムとカブることもある。料金に見合ったようなダウンロード制限が緩かったり速度が速かったりすることはない。それでも今回のアラサーちゃん無修正で「一本道」という有料アダルトを知った人も多かったはず。少しでも興味があるならチェックしておくことをオススメする。